TOPへ

神戸の精神分析セミナー、文献講読、症例検討会を実施しています

神戸の精神分析セミナー、
文献講読、症例検討会を実施しています

参加申込み

日本精神分析学会の認定を受けた、関西で最も長い歴史を持つセミナー

日本精神分析学会の
認定を受けた、
関西で最も長い歴史を
持つセミナー

第1回セミナー延期に伴い、参加申込み受付を4月30日まで延長します

New2020年度の年間テーマ「デジタル・ネイティブ時代の臨床を考える」(2020年5月~2021年3月)

私があなたに感染させる,あるいはあなたが私に感染させるかもしれない状況にあって,どのように臨床的つながりを維持できるのでしょうか。また,臨床家として考え続けることができるのでしょうか。精神分析研究会・神戸は2020年度のセミナーをZoomによる全面オンライン,現地集合なしで開催して,これらのニーズにお応えしたいと思っています。
講義については,右端に現れる講師を見ながら,Zoomの画面で講師の作られたパワーポイントを見ることができます。また,印刷することもできます。ケース検討会もZoomで行います。症例のレジュメは画面に閲覧のみ可能な状態にして提示します。
今年度参加申込をされた方には,後日,研究会の方から「Zoom会議への招待URL」をメールで送ります。それをクリックしていただければ,ごく簡単に当日のセミナーに入れます。
今年度セミナーの申込期限を4月30日までに延長していますので,ホームページから申し込んでください。皆様とともに学ぶ場を維持できることを心から願っています。

2020年度のプログラム一覧

現在公開中の記事はありません。

現在公開中の記事はありません。

現在公開中の記事はありません。

現在公開中の記事はありません。

27(土)

2021年03月

 

18:30~

21:00

 

@小林メンタルクリニック

グループSV

ケース発表とグループディスカッションを通して,分析的思考を身に付ける

講師:小林俊三 先生(小林メンタルクリニック)

(対象)週1回50分のケースを持っている方で,年1~3回発表できる方。前年度の参加者を優先いたします。 (進め方)5~10名の参加者が毎月順番にケースを発表し,...

27(土)

2021年02月

 

18:30~

21:00

 

@小林メンタルクリニック

グループSV

ケース発表とグループディスカッションを通して,分析的思考を身に付ける

講師:小林俊三 先生(小林メンタルクリニック)

(対象)週1回50分のケースを持っている方で,年1~3回発表できる方。前年度の参加者を優先いたします。 (進め方)5~10名の参加者が毎月順番にケースを発表し,...

23(土)

2021年01月

 

18:30~

21:00

 

@小林メンタルクリニック

グループSV

ケース発表とグループディスカッションを通して,分析的思考を身に付ける

講師:小林俊三 先生(小林メンタルクリニック)

(対象)週1回50分のケースを持っている方で,年1~3回発表できる方。前年度の参加者を優先いたします。 (進め方)5~10名の参加者が毎月順番にケースを発表し,...

26(土)

2020年12月

 

18:30~

21:00

 

@小林メンタルクリニック

グループSV

ケース発表とグループディスカッションを通して,分析的思考を身に付ける

講師:小林俊三 先生(小林メンタルクリニック)

(対象)週1回50分のケースを持っている方で,年1~3回発表できる方。前年度の参加者を優先いたします。 (進め方)5~10名の参加者が毎月順番にケースを発表し,...

28(土)

2020年11月

 

18:30~

21:00

 

@小林メンタルクリニック

グループSV

ケース発表とグループディスカッションを通して,分析的思考を身に付ける

講師:小林俊三 先生(小林メンタルクリニック)

(対象)週1回50分のケースを持っている方で,年1~3回発表できる方。前年度の参加者を優先いたします。 (進め方)5~10名の参加者が毎月順番にケースを発表し,...

05(日)

2020年04月

4月5日

お知らせ

2020年度セミナーの参加申込み期限を4月30日に延長します。

講師:

運営委員会では2020年度の開催時期について慎重に検討を重ねて来ましたが,このたび,大阪兵庫の往来自粛要請等を鑑み,4月5日の開催を8月23日に延期することを決...

30(木)

2020年04月

4/30

お知らせ

会員の方へ

講師:

会員の皆様へ 平素は大変お世話になっております。 私があなたに感染させる,あるいはあなたが私に感染させるかもしれない状況にあって,どのように臨床的つながりを維持...

1 / 11